Hokkaido Akkeshi Distillery

Japanese

厚岸蒸溜所の
設備と熟成環境

Equipment and Aging Environment

私たちのウイスキーづくりの原点は「スコットランドの伝統的な製法で、アイラモルトのようなウイスキーを造りたい」という強い想いです。
そのため設備はスコットランドのフォーサイス社製のものを導入。
アイラ島のウイスキー造りと同様、泥炭(ピート)層を通った水を仕込み水に用い、冷涼で湿潤、そして海風が当たる場所「厚岸」で日々、熟成が進んでいます。

フォーサイス社製の
ポットスチルとマッシュタン

Pot still

ポットスチルの形状はストレートヘッドのオニオンシェイプで、アイラ島のいくつかの蒸溜所のものと似ています。
加熱はラジエーター方式、付属するコンデンサーはシェル&チューブ式です。
マッシュタンはセミロイター式です。
施工はすべてフォーサイス社の職人が来日して行いました。
発酵槽(ウォッシュバック)はステンレスで、あえて温度調整はできないタイプに。自然に任せながら、クラフトマンが発酵のタイミングを見極めます。

熟成樽に
"ミズナラ"も使用

Barrel

2つのダンネージ式の熟成庫に加え、2018年2月に革新的なラック式の熟成庫が完成しました。その熟成庫は厚岸湾のすぐ側にあります。空気中を漂う海の香りがウイスキーの特性に良い影響を与えることが期待できます。
熟成樽はバーボン、シェリーに加え、入手困難な「ミズナラ」も使用。さらにワインやラム樽とのマッチングなど、あらゆる可能性に挑戦しています。

ウイスキーに使用する上水の取水口は、蒸溜所のそばを流れる尾幌川上流のホマカイ川。その周辺は湿原地帯で、清流にしか生息しないといわれるバイカモの生息地です。夏季に咲く小さな白い花は豊かな水のシンボル。この水が厚岸のウイスキーを育みます。

蒸溜所概要  
蒸溜所所有者 堅展実業株式会社
蒸溜所設立 2016年(平成28年)
蒸溜器(ポットスチル) 2基
ウォッシュ・スチル 5,000L
スピリット・スチル 3,600L
発酵槽(ウォッシュバック) 6基
ウェアハウス貯蔵方式 ダンネージ式/ラック式

冷涼で湿潤な気候

Climate

海霧が発生しやすく、霧に覆われていることの多い厚岸町。蒸溜所の北東には別寒辺牛湿原が広がっています。
この霧や湿原がアイラモルトのようなウイスキーづくりには欠かせない条件です。

ラムサール条約の
登録湿地

Rich nature

厚岸湖と別寒辺牛湿原はラムサール条約の登録湿地です。ラムサール条約とは、1971年2月2日にイランのラムサールで採択された湿地に関する条約で、水鳥をはじめとする野生動物の生息地となっている湿地を、国際的な協力のもと保全および賢明に利用することを目的としています。
当社もこの豊かな自然を守り、共存していく蒸溜所を目指しています。

堅展実業株式会社 厚岸蒸溜所
代表取締役社長

樋田 恵一よりメッセージ

Message

若い頃からウイスキーに魅せられて、長年いろいろな蒸溜所のウイスキーを飲んできました。その中で、今も変わらず心惹かれるのがアイラモルト。最初に飲んだときは、ややクセがあると感じたあのスモーキーフレーバーも、いつしか欠かせないものとなりました。そして、いつか自身の手でウイスキーをつくるなら、スコットランドの伝統的製法でアイラモルトのようなウイスキーをつくりたいと、そんな夢を抱いていたのです。

スコットランドの伝統的製法と、厚岸らしい風味の融合。それが厚岸蒸溜所の目指すウイスキーです。どこにもないオリジナルな香りや味わい。ヨーロッパをはじめとする世界の国々でも認められるようなウイスキー。そんな"本物"を、日本のみならず世界中のウイスキー・ラバーへお届けしたい。
私たちのウイスキーを飲んだ人が「厚岸らしい香りがする」「厚岸の味って、これだよね」と言っていただけるような、個性的なウイスキーをつくりたいと思っています。
ウイスキーラバーの皆さま、どうぞ、ご期待ください。

CLOSE